ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< 2018年8月 1(モンパレ) | main | 2018年8月 3(モンパレ) >>
2018年8月 2(ホークス)
7月で補強期間が終了
今年のホークスはトレード、新外国人、支配下昇格と
活発に動いていた。


開幕前の出来事は割愛するとして
1.市川(F)を金銭トレード
2.曽根と美間(C)の交換トレード
3.飯田と松田遼(T)の交換トレード
4.ミランダ投手を獲得
5.大竹を支配下登録


1は開幕前から捕手の故障が相次いだので緊急補強だろう
FAでの退団だけど実質鶴岡とのトレードみたいな状況となった。

2はシーズン中らしくないトレードという印象
育成のホークスなんて言われているけど
長距離砲候補の内野手は育てるのがヘタだから
西田もしかり他球団頼みなところがあるのは否めない。

3は登板過多の中継ぎ整備&久保コーチ絡みもあるのかな?と。
飯田も近年は試合外(主にビールかけ)で目立っていたし
環境を変えてあげるのは悪くないだろう。

4はまだ一軍登板はないが先発としての起用予定らしい
確かに先発陣がグダっているのは事実だけど
現状は中継ぎ陣をケアするほうが大事だと思うのですが……。

5はちょうど今日先発で起用されて8回2失点という好成績
まだ1試合とはいえ明るい話題だ。


これらの出来事により支配下選手枠は埋まっていたのだけれど
個人的にもう1つ補強に動いてもらいたかった件がある。
それはBCリーグでNPB復帰を目指していたが声が掛からず
今季限りでユニフォームを脱ぐ決意をしている村田のことだ。


前半戦は内川、松田、デスパイネと足並みそろって
成績が振るわない状況だった。
かといって何かテコ入れをするわけでもない
しても精々1試合程度で復調を待つだけの日々。
別に今後何年も頼れなんて言っていない
若手育成の弊害を口実にするほど若手も起用していない
そんなファースト、サード、DHの対抗馬として
村田はうってつけの存在だった気がするんですけどね。


| 01:17 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 01:17 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2129