ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< 2018年7月 5(大相撲) | main | 2018年7月 7(チャンピオン) >>
2018年7月 6(鮫島、最後の十五日)
一足先にこの感想だけは書いておきたい。

まず始めに猛虎との決着がついたことに一安心
勝敗が不明のまま終わるという最悪の事態だけは免れた。

そして取組後の余韻が最終話となるため
それとなく作品の締めに見えなくもない状況だ。

バチバチシリーズは猛虎との対戦で始まり
猛虎との対戦で終わるというのも運命のいたずらでしょうか?


王虎戦との差別化もよかった
ただ単に虎城vs火竜を彷彿させるのなら二番煎じにしかならない
しかし鯉にはもうひとつの血が流れていた――それは空流
虎城キラーの先代がここにきて活かされるのは熱すぎでしょッ!

この流れを見るとやっぱり十四日目は泡影戦だったのかな?
って思ってしまうよね
| 23:29 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 23:29 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2122