ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    
<< 2018年7月 1(球宴) | main | 2018年7月 3(モンパレ) >>
2018年7月 2(チャンピオン)
【2018年31号】
表紙はドカベン、紛れもなくドカベン。


ドカベン ドリームトーナメント編(終)
ありがとうドカベン、さようならドカベン。
試合の結末は言わずもがなだが作品の結末は意外だった
ドカベンの主人公は山田であり岩鬼である
そんな締めでしたね。
(さすがに現在のコンプライアンスに抵触するのか
 金的攻めはカットされていた)


弱虫ペダル
ありがとう鳴子、さようなら鳴子
(これで見どころがなくなったな)
まるで一騎打ちの雰囲気を醸し出しているけど
もう1チームいるのはわかっているからねえ……。


鮫島、最後の十五日
ありがとう猛虎、さようなら猛虎(?)
鯉の反撃のターン、取組前の出来事はちゃんと伏線だった
そして共鳴しだす泡影、やはり十四日目がXデーか!?


週刊少年ハチ
ありがとう淵間、さようなら淵間(?)
鬼灯先輩の助言はマスコミを利用したら稼げるよってことか?
銭湯に現れてラストアドバイス(?)を送ったのも
こういう事情があったわけだ。

内部告発ネタは告発した側も探られる世の中だから
地雷でしかないよなあ。


あっぱれ!浦安鉄筋家族
ありがとう鉄人、さようなら鉄人
文字通りのカープ兼追悼ネタでした。


BEASTARS
電子版では巻頭、掲載順に関してそういう措置もあるのね。

ありがとう好奇心、さようなら羞恥心
そらルイが知らぬままことが進むとは思っていなかったけど
誰が女装するなんて思いますか笑


六道の悪女たち
ありがとうファッションセンス、さようならファッションセンス
イメージだけじゃなくそこは飯沼に相談しようよ
単車以外のセンスは良いハズなんだから笑
方や意外だったのは乙姫のセンス
当然ギャップを出すならこうでないとダメなんだけど
つばきいらずでちゃんとこうなるとは思わなんだよ。


ハリガネサービス
ありがとうエース、さようなら管理プレー
どんなヤツにも救いの手を差し延べるヤツはいる
どっちの考えについていくかは言わずもがなだ。


出陣★昆虫武将チョウソカベ!
ありがとう殿、さようなら殿
いざチョウソカベオールスターの出陣!
ダイジェストで語られているだけなのに
モトナリの最期はくるものがある。


逆襲インフェルノ
ありがとう勇気、さようなら弱気
決して強い主人公じゃないからこそ言える啖呵
行動で示すことでより共感をもたらす、熱いぜ!


その他
目次コメント
読み切り、連載したて、地震関連はしょうがないとして
それ以外は「水島先生お疲れ様でした」で埋まってほしかった。
| 18:40 | 週チャン | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 18:40 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2118