ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    
<< 2018年5月 8(大相撲) | main | 2018年5月 10(オールスター) >>
2018年5月 9(チャンピオン)
【2018年26号】
六道の悪女たち
ほんまもんの悪女登場
今までにはいなかった大人の女性相手でも
六道の能力が通用するかが見ものである。


あっぱれ!浦安鉄筋家族
指摘されるまでもなくちゃんと逆から読みましたよ
面白い試みだ。


BEASTARS
高タンパクの栄養素を摂ったんだ
思春期のオスがそうなるのも仕方ないよ笑
と、笑っていられるのはここまで
思ったより早くメインマッチがやってきた……んだよね?


ヒマワリ
ベタな展開だけどこれでいい
自分らを見直したうえで衝突するなら衝突すればいい
そうすればよきライバルになれるハズ。

訛りに関してはキャラ付けの旨みもありそうだけど
目指すはあくまで正統派アイドルってことか。


吸血鬼すぐ死ぬ
インディアンポーカー的なあのゲーム
ドンジャラ(?)回みたいにオリジナリティがあれば
なおよかった。


あつまれ!ふしぎ研究部
てっきり負けて兼任の部員になってまた1人集まった
って話にするのかと思ったら全然違った。


ベルリンは鐘 ヤッホー!
笑わせるとは何もゲラゲラ笑わせるだけではない
リンガベルのはフフフッとなる笑いよね。


鮫島、最後の十五日
泡影のソレとも違う感じで先読みという様子もない
合気道の受け流しみたいなのに近いのか?


逆襲インフェルノ
国を挙げての友好関係という状況ではなかったので
いずれ反姫派によるクーデターが起こる予感
それも濡れ衣を着せられそうでねえ……。


異常(読み切り)
例のコミカライズのあとに載った読み切りでは
ホラーでもプチエロコメディー要素を入れていたけど
今回のは再びホラー一筋に。
ハッピー(?)エンドに見せかけて
こっちにも立場が逆な過去があったというオチはよきホラー。
| 23:26 | 週チャン | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 23:26 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2108