ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    
<< 2018年4月 5(モンパレ) | main | 2018年4月 7(めちゃイケ) >>
2018年4月 6(チャンピオン)
【2018年20号】
弱虫ペダル
報わるかどうかは別としてちゃんと意味のある勝負を
仕掛けていたから鳴子株が上がる。
これまでエゴ勝負が多かっただけになおさらね。


BEASTARS
突然の通告により固まる団結力
ここで求められるのが肉食社会で頭となった草食獣ルイの
カリスマ性となるのだろうか?


吸血鬼すぐ死ぬ
ドラルクの生活習慣や退治人の活動などそのあたりの設定は
貫いていたわりにここで吸血鬼の概念を覆す熱烈キッスの
1日を描いてしまうのはタブーなのでは?なんて思ったけど
そのアンサーが柱のキャラ紹介にあるのかもしれない。


六道の悪女たち
闇金ハンターの正体をこう繋げるか
そして今まで謎のままだった乱奈をこう繋げるか。
「目には目を歯には歯を」のようでも現時点では単なる偶然
手掛かりへの第一歩はすでに始まっていた
ちょっとしたドラマっぽくて良い。


ヒマワリ
プリン、逆恨み、勘違いとどうでもいいような理由だらけの
喧嘩パートも円満解決(?)これも平川ワールドなり。


マウンドの太陽
ここまで比較的王道展開だっただけに
目的と行動が一致していないオチに違和感を覚えた。


ハリガネサービス
まーた全国編があるのか?ないのか?わからない展開へ
仮にもう1セット、2セットとなったら再び回想をブチ込む
余裕ができるしね。


週刊少年ハチ
パンダっ娘は前回やらかしを示唆していたから
パクリ炎上でもしたのかと思っていたわ。
過去の経験がトラウマになっているけど
なんだかんだで反応をもらえるのはいいね合戦にとっては
強い武器になりそうでもある。


鮫島、最後の十五日
予想していたかたちとは違ったがキーとなる人物が登場で
今作もいよいよクライマックスが近づいてきた感がある。
猛虎の発言だとこの場所の横綱戦は終わっているっぽいので
もしかしたら14日目がXデーになるかもわからん。


タナベと先輩(読み切り)
川地和樹も久しぶりよのう
アプローチは変わったけど本質は変わってないな笑


出陣★昆虫武将チョウソカベ!
息子のくだりは伏線っぽいけどねえ
オダの配下にいたりするんだろうか?
| 08:45 | 週チャン | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 08:45 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2096