ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
<< 2018年3月 10(ホークス) | main | 2018年3月 12(モンパレ) >>
2018年3月 11(チャンピオン)
【2018年17号】
BEASTARS
なんだ匂いが変わったわけではなかったのね
そんなレゴシの匂いで認識という前振りがあっての
同じく変わらぬ匂いを認識するルイで〆るのは上手い。


六道の悪女たち
フィクサーは親しいところにいる。
流れ的に次あたりが対面(バレ)のときだろうから
辛い展開になりそうだ。


週刊少年ハチ
痴女っぽい要素も出たちょっと『実は私は』なノリ
このキャラもEクラスだったのか
鋭い指摘(?)はハチに変化をもたらすのか!?


僕の心のヤバイやつ
いきいきごんぼで脳内変換しても何の違和感もない
要所要所のパワーワードがそれっぽいからだ。


刃牙道
作風に毒されて忘れていたけどコレ別にvs武蔵だけの話
にしなくてもいいんだな。
ターゲットを変えればエンドレスに続くやつだ。


鮫島、最後の十五日
触れずに終わると思っていた豆助の掘り下げエピソードを
猛虎(バチバチ)にリンクさせてきた。
そして猛虎の思惑もかつて王虎を付き人にさせたときの
エピソードともリンクさせたっぽいな
計算高い(または腹黒い)猛虎が見れそうだ。


吸血鬼すぐ死ぬ
ショットの過去話(前編)
他人に話せるのならそれは黒歴史ではなく良き思い出
……のハズだ。


逆襲インフェルノ
鬱ゲーRPGによくある後味の悪い風景
だがここで終わらぬ次なる刺客は早くも因縁めいた相手
ちょっと駆け足気味なのは気になる。


GREAT OLD〜ドラゴンの創り方〜(終)
駆け足具合ならこちらのほうが上回る
扉絵アバンで実質終了、後日談は描けなかった部分のフォロー
副題を付けた時点で時すでに遅しだったんだろうな、と。

これもまた設定に凝りすぎて話が分かりづらかった
週チャンあるあるファンタジー作品のひとつになってしまった。


Gメン
駆け足具合なら(以下略)
単行本発売予定が示していたとおり次号で最終回
3年生編はアディショナルタイムでした。

ナンバ〜では叶わなかった正式な卒業式を
全員で迎えられて良かった。


次号予告
電子版では読めなくとも予告にはある
ということでドカベンの延長戦はまだ続くようだ。
YYS要員はやっぱり大楽か?
| 15:56 | 週チャン | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| 15:56 | - | - | - |
Comment
Write?









Trackback
url: http://kokoboku.jugem.jp/trackback/2088