ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
2018年4月 2(ドラゴンボール超)
今更だけど先月で終わったドラゴンボール超の話。

結末こそ誰しもが予想できた内容ではあったが
生存者が17号になると予想できた人は少なかったであろう。


悟空があの願いを言うのがいわゆる王道パターン
ただこのバトルロイヤルな大会が始まった原因の張本人が
この願いを言っても身勝手の極意ならぬ身勝手の悟空による
一種の自作自演っぽくなるから外したのだろうと読む。


ならばフリーザが?いや、それこそありえない
大きな裏切りすらしなかったこと自体が意外なのに
そんな平和的解決を望んでしまったら
ただの綺麗なフリーザ様になってしまう。
まあ裏切らずに共闘した結果がシン・復活のFとなったわけで。


となると17号が適役だったのであろう
人間臭さを強調し、退場したかと思わせての復活
この時点で舞台が整っていたんですな。
自然保護官という設定にバリア使い(?)のサポート役に
回せることで生存確率を高められたのかも?など
今となっては思い当たる節も多かった。


実はvs第11宇宙との一騎打ちになった時点で
悟空以外が勝ち残るなら悟飯だと思っていた。
予想できた願いのことを考えると第7宇宙のリーダーに
任命した狙いはそこにあるのでは?と。
結果、悟飯は1、2を争う不遇ポジションだったんですけどね。
| 18:51 | アニメ・特撮 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年2月 5(スーパー戦隊)
先週の話
キュウレンジャーが最終回を迎えた
数話前にはツルギは殉職戦士になるんだろうなと思って
観ていたがそんなことはなかった。

人数が多かったぶんキャラ格差が出たのは否めない
ラッキー、スティンガー、ナーガ、ツルギ
この4人がメインストーリーのあったいわば主要ポジション。
あとはそれぞれのエピソードに関わりを持たせるって感じ
だったけど、ヘタすりゃホシミナトよりも印象が薄いのも
ちらほらとおった。

あと結局12人になるのなら捻らずに12星座モチーフで
よかったのでは?なんて思ったりもした。

最後にキュウレンジャーVSスクワッドの告知がされたことで
あ、そういや冬の劇場版(キュウレンジャーVSジュウオウジャー)
ってやってなかったんだなと今作の違和感に気づかされた。


今週の話
ルパンレンジャーVSパトレンジャーの放送が開始
3vs3の対立(?)する異例な戦隊編成だけど
ボウケンジャーにおけるダークシャドウやジャリュウ一族とか
ゴーカイジャーにおけるバスコみたいな宝を狙いあう
ラスボスとは別の軍団は見慣れているので無問題。

でもこういうのって追加戦士はどうなるんでしょうね?
1.ともに増える、2.片方だけ増える
3.後に2組が手を組むのでいない、4.番外戦士として出る
ここが一つの見どころな気がする。
| 00:28 | アニメ・特撮 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年2月 8(キュウレンジャー)
今日から新戦隊シリーズのキュウレンジャーが開始
実はコンセプトを見たときにあまり興味をもてなかったけど
実際に観てみたらこれはなかなかに良い。

レッドは加入経緯も含めゲキレンのジャン系っぽい?
グリーンはまだ特撮序盤の初々しさを感じる一方で
イエローは普通に上手かったからキャリアがあるのかな?

まだ全員揃っていないが9人戦隊は絵面的に多すぎかと
思っていたけど人外が複数いるならそんなに気にならないな。
| 08:21 | アニメ・特撮 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年2月 4(ジュウオウジャー)
スーパー戦隊40周年作品でもあったジュウオウジャーが終了
もう終わってしまうのか感が強いので
最近のなかでは面白い部類だったと思いますよ。

今作はキャラ付けが良かったな(主に味方サイド)
特に好きだったのが心の裏表を突いてくる回で
みんなが疑心暗鬼になるなかでレオだけが普段から
裏表がないので効果がなかったやつ
ああいうのはキャラが活きていいよね。

あとは何とも言ってもゴーカイジャーが出たことだね
あれは良いメモリアルボーナスだった。

| 18:00 | アニメ・特撮 | comments(0) | trackbacks(0) |
10月 2(ダンロン3)
希望編の大団円にて幕を下ろしたダンロン3
終わってみれば全編通して御手洗が隠れ主人公だった
感じがした。

未来編は色々と展開を予想しながら見てたけど
9話が終わった時点で予想は打ち切り。
別に霧切ショックに陥ったわけではなく単に自分の予想が
全然違ってここから予想し直したところですぐに真相が
明かされそうだったのでね。

と、なんでわざわざこんなことを書いたかというと
放送が終わったのでもう気兼ねなく自分の予想という名の
妄想を書いちゃってもいいだろうと。
要は落書きのメモを自分がたまに見て振り返る用に
残しておきたいってことだ。
 
では妄想劇場のハジマリハジマリ
 ↓
 
続きを読む >>
| 00:56 | アニメ・特撮 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>