ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
2017年12月 2(大相撲)
日馬富士の去就問題はあっさり……と言うのも何だが
番付編成を前に引退ということになった。

朝青龍の前例を見ても重くても引退勧告だろうと
踏んでいたので引退自体には驚きはそれほどないものの
肝心の事件が解決する前に引退届を受理してしまうのは
いかがなものか?とも思ってしまう。

でもこれで幕内に残留or昇進したり
比較が難しかった十両昇進枠の解消など恩恵を受ける力士が
いるのも事実なので何とも言えないか。

逆にこの引退劇により貴ノ岩がどうなるのか?はより気になる。
あれだけ証拠を訴えていた貴ノ岩の兄が処分は重くしないで
欲しいと言い出していたぐらいなので立場が依然苦しいことには
違いないだろう。
結局、両成敗ではないけれどこちらも引退という結末が
待っているような気もするよね。


あとは警察の調査結果次第だけど理事長は引責辞任
貴乃花親方は降格処分、現場の同席者は1場所の出場停止処分
ぐらいが落としどころじゃないですかね?


あ、そうそう昨日だったかに危機管理委員の中間報告が
やっているのを見たけど何あの日馬側の弁護人会見みたいなの?
一方の主張しか聞けていないのならそんなのする必要ないだろう
「謝っていればこうはならなかった」的な発言は気分が悪いわ。
| 16:48 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月 13(大相撲)
【番付予想】
今場所は例の話題で持ちっきりであんまし楽しめなかった。
物議を醸しだした千秋楽の白鵬の言動については否定派
あれはあまりにも他人事すぎて印象が悪い。

ご贔屓の里山もボロボロで8番相撲が組まれて
なんとか2勝扱いになったのがせめてもの救いかな。

では今後の処分次第では大きく変わることを承知で
2018年初場所の番付予想を。


 白 鵬  横 綱 稀勢の里
 日馬富士 横 綱 鶴 竜
 豪栄道  大 関 高 安
 御嶽海  関 脇 阿武咲 ◎
○玉 鷲  小 結 貴景勝 ◎
 北勝富士 前頭1 逸ノ城
×嘉 風  前頭2 琴奨菊 ×
 千代大龍 前頭3 栃ノ心
 荒 鷲  前頭4 正 代
 隠岐の海 前頭5 遠 藤
 宝富士  前頭6 千代の国
 千代翔馬 前頭7  勢
 栃煌山  前頭8 魁 聖
×照ノ富士 前頭9 千代丸
 松鳳山  前頭10 安美錦
 琴勇輝  前頭11 蒼国来 ○
 大翔丸  前頭12 大栄翔
  輝   前頭13 豪 風
◎阿 炎  前頭14 豊 山 ○
○石 浦  前頭15 錦 木
 朝乃山  前頭16 竜 電 ◎

×大奄美  十両1 妙義龍 ×
 旭大星  十両2 東 龍
×碧 山  十両3 英乃海
 旭秀鵬  十両4 明 生
 徳勝龍  十両5 貴ノ岩 ×
 臥牙丸  十両6 剣 翔
 佐田の海 十両7 千代ノ皇
 誉富士  十両8 天 風
 大砂嵐  十両9 隆の勝
 豊 響  十両10 青 狼
 琴恵光  十両11 宇 良 ×
 貴源治  十両12 水戸龍 ◎
○栃飛龍  十両13 山 口
○大翔鵬  十両14 天空海 ◎


日馬富士の去就問題はひとまず置いておくとして
今場所は前頭上位に大勝ちが多く番付運に泣かされそう
逸ノ城までは厳しいとしてもせめて北勝富士は小結に
上がれないもんかねえ?


十両は貴ノ岩と宇良がどこに留まるかがカギ。
あとは十両昇進の4枠目に
希善龍の再十両or天空海の新十両のどちらを持ってくるのか?
千秋楽のも入れ替え戦というよりは可能性を残すための一番
だっただろうからねえ
判断材料になるかは分からんけど直接対決の結果を踏まえて
天空海を優位としてみる。
| 22:03 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月 10(ホークス)
アワードも終わり2017年のプロ野球も終了
ここらでホークスの選手の去就について振り返ってみる。


松坂
和巳式復帰プランを打診されるも拒否し退団
当たらない宝くじに夢を見させてもらった3年間でした。
おそらく日本(独立リーグ含む)でのプレーはないだろう
また向こうに戻るんでしょうな。


大隣
ドラ1かつ難病を克服した経緯もあり最後まで面倒を
見るのかと思いきやまさかの戦力外という驚きもあった。
複数の球団が興味を示していたがまだ獲得の一報はナシ
果たしてどうなることやら?


島袋
予想どおり&事前報道があったとおり育成からの出直し。
ただホークスは育成落ちからの這い上がりのケースは
思ったほどないのが気になる点である。


星野
同日にヤクルトの兄も戦力外を受けるという皮肉な運命。
トライアウトも受験していたが厳しいのが現状でしょうな。


山田
一時は戦力外との一報があり複数の球団が興味を示していたが
期限までに戦力外として報道されることはなかった。
その代わりに無償トレードでヤクルトへの移籍が発表された
ヘタに同一リーグに拾われて鷹キラー化する可能性を危惧し
新垣・山中⇔川島・日高の件で良好関係にあるヤクルトへ
譲渡という思惑があったのかもしれん。


伊藤大、柿木、坂田、東方、吉本
育成からはこの5人が戦力外。伊藤大と吉本は引退とのこと。


鶴岡
以前にも書いたとおりFA権行使自体に驚きはない
でも退路を断って引退覚悟までしているとは思わなんだ。
ただタイミングが悪いというか球界全体で捕手の世代交代が
進んでおりFA市場には日ハム大野もいる
移籍先が決まるとしても長期化は避けられないか?


斐紹
山田の無償トレードと同日に発表された楽天西田とのトレード。
今季は拓也の台頭、ファームからの昇格1番手も栗原となり
残念ながら居場所が厳しくなっていたのは確かだ
元ドラ1ゆえの配慮が今回のトレードだったのかもしれない。


ジェンセン
今季の助っ人軍団のなかで唯一契約更新されなかった
肝心なときに故障が重なりカニザレスほどの悲運さは
感じなかった。


ということで今オフは投手陣を中心に整理され
不安要素があるとしたら捕手層でしょうか?
拓也が今季並みに結果を残せれば杞憂に終わるが
仮にそうでない場合、2枚抜けたことが響いてしまう可能性がある。

逆に西田加入は偏りのある内野手層には好材料
1軍クラスの高齢化および近年の高卒中心ドラフトにより
中堅クラス(特に右打ち)がポットになっていたのでね。
| 22:59 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月 6(大相撲)
【予想結果】
テルの大関復帰なるか?やカド番の高安など注目点も
多いが気になるのは鶴竜の進退について
今場所も休場でいよいよ正念場でしょうか?

ということで予想http://kokoboku.jugem.jp/?eid=2024
の答え合わせを。


予想の違った箇所のピックアップ
西前頭1 千代大龍→貴景勝
東前頭2 貴景勝→千代大龍
西前頭6 大翔丸→栃ノ心
東前頭7 貴ノ岩→大翔丸
西前頭7 栃ノ心→正代
東前頭8 正代→貴ノ岩
東前頭11 朝乃山→碧山
西前頭11 碧山→朝乃山
西前頭14 宇良→大奄美
西前頭15 大奄美→妙義龍
東前頭16 妙義龍→宇良

東十両1 石浦→誉富士
西十両1 誉富士→石浦
東十両3 明生→徳勝龍
西十両3 徳勝龍→豊山
東十両4 豊山→明生
東十両9 千代ノ皇→照強
西十両9 照強→千代ノ皇
東十両11 豊響→千代鳳
西十両11 千代鳳→豊響
東十両14 翔猿→貴源治
西十両14 貴源治→矢後


幕内 31/42
大方納得の間違い
朝乃山は二桁勝って5枚上がれなかったのはちと可哀相。

十両 17/28
十両陥落力士の下げ幅を読み違え上位の予想を外す。
矢後も残留で翔猿が泣くことに。
| 23:43 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年11月 1(日本シリーズ)
日本シリーズの間は週○ャンとかモン○レネタは封印して
日シリ視聴に専念していた。


1戦目
2桁得点(10-1)での快勝
中盤での大量リードは安心して試合が見れた。


2戦目
一度は逆転されるも再逆転での勝利
晃が良いところで打ってくれた。
結果ただのネタになったが工藤監督の迷言が
今日まで鷹ファンをざわつかせた笑


3戦目
舞台はハマスタへ
雰囲気を味わおうとチケットがないのにハマスタ出陣
だがCSでのPVの影響であろう警備体制&モニター封鎖により
1回の攻防が終わり次第帰宅した。
(折角なので日シリグッズは購入)

この日も先制するが1点差まで追い上げられなんとか逃げ切り
ストレートで王手を掛けるも若干不安の残る内容。


4戦目
翌日に残業が控えておりこの日に決まることを願っていたが
嫌な予感は的中し濱口に8回途中までノーノーをされる始末。
攝津がボロボロなのが悲しかった。


5戦目
残業終了時点ではホークスがリードしていたが
2戦目のようなシーソーゲームを制したのはDeNA
エラーが決勝点という後味が悪い結果でもあった。


6戦目
朝から千賀の先発回避という不穏な情報
実際に先発は東浜だった。

眠っていた熱男のHRで先制するも今永にこれでもかという
くらいに抑え込まれるイライラ展開に。
8回に互いのボーンヘッド気味なプレーで1点差になるも
ビハインドでサファテ投入というハラハラ展開。
ところが半ば諦めかけていた9回に内川の同点HRが飛び出す
なんて頼りになる男なんだ。

延長突入でまさかのサファテ続投(3イニング)
もう完全にこの日で決めないとアカン状況にも突入。
そんな11回、エスコバーが荒れてランナーが溜まると
ここまで全然良いところのなかった川島によるサヨナラ打で
日本一に!
結果論だけど代打で明石を出したときに川島を下げなかったのが
功を奏した(9回のチャンスには凡退したけどね)

工藤監督の言ったとおり福岡に戻り
ファンの前で胴上げを見せるなんて有言実行なんだ笑

ということで2017年の日本シリーズは幕を下ろした
明日は仕事なので今日決まって本当に良かった。

タイミングよくスカパー無料と重なっているので
FOXで優勝祝勝会が見れる喜びを噛み締めながら
ビール掛けのときにちょっとだけ飲酒します。
| 00:12 | スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>