ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    
2018年9月 6(週刊少年チャンピオン)
今週の週刊少年チャンピオンはご覧になられたでしょうか?
佐藤タカヒロ先生の追悼号でありバチバチ特大号です。
私は日が変わって即、電子版は読みました。


1.表紙
宣伝告知ツイートで先に見てしまったけど
下書きゆえの白さに映える鯉太郎の眼光のインパクトには
ゾクゾクっとしたね。


2.追悼色紙展
連載陣だけにとどまらないメッセージ
ここに水島新司の名がないのが惜しすぎる。
秋からアニメ化されるし火ノ丸相撲は読んでみようかな?


3.バチバチシリーズ全カラー掲載
最初は単行本派だったので初見のカラーも見れるお得感。
鮫島〜に限れば思い出深いのは2016年12号の扉絵カラー
岩の藤が忘れられていてツイッターで
集合写真撮影当日に欠席した的なイラストを上げていたのを
思い出す。


4.鮫島鯉太郎全取組絵巻52p
実際に描かれたのは34取組だったのは意外なようであり
関取になる前が主体と考えればこんなもんかとも思えたり。
バーストは幕下1場所、鮫島は幕内1場所ですもんね。


と、ここで20巻(最終巻)のお知らせ
やはり表紙は今週号の鉛筆画
しかし収録されるのは取組絵巻ではなく追悼色紙
なるほど、データのまとめよりメッセージのほうを残すのか
単行本派にとってはこっちのほうが良いのかもね。


電子版で充分すぎるほど満足し本誌ならではのものは
あるのかな?と思ったら……ありましたよ。
これはツイッターを見ていて良かったと思える代物。
悪天候が続き遅れたけど本日無事に書店で購入。


こういう粋な演出があったとはねえ
読者の代弁をしてくれた編集サイドに感謝


『サ ヨ ナ ラ バ チ バ チ ア リ ガ ト ウ』

| 23:18 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年9月 5(週刊少年チャンピオン)
来週の週チャンは佐藤タカヒロ追悼特別号とのこと。

ラインナップは
1.最後の描き下ろし表紙
2.追悼色紙展
3.バチバチシリーズ 全カラー掲載
4.鮫島鯉太郎全取組絵巻52p


単行本19、20巻と8話ずつの収録になると予想していたが
19巻は通常どおりの9話だったので
最終巻には7話+αで何を載せるのだろう?と思っていたが
ページ数的にどうやら4の内容になりそうですね。
表紙ももしかしたら1の描き下ろしになるかもしれない。


電子版だとたまに載らない部分もあるので
ドカベン最終回号以来の本誌購入も検討しておかないとな。
| 08:38 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年9月 2(鮫島、最後の十五日)
鮫島、最後の十五日の19巻が本日発売
日が変わって電子版は即購入
残業が回避できたのでコミック版も無事購入。

電子版では味わえないコミック版の醍醐味
それは『帯』
あえて書きはしないがこの文面は泣かせにかかっている
是非とも生で見てもらいたいものだ。
| 22:55 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年8月 5(鮫島、最後の十五日)
先週発売の週チャン合併号にて
『あっぱれ!浦安鉄筋家族』ではその内容・描写・サブタイ
から佐藤タカヒロ氏への追悼と思われるものだった。

この話をお盆の時期に合わせたのかは定かではないが
もしそうなら編集部ともども中々の計らいである。


そんな浦安の改題リニューアル作品である
『あっぱれ!浦安鉄筋家族』の第1巻が発売される
10月のラインナップには『鮫島、最後の十五日』の20巻も
名を連ねている。

詳細は追って発表となっていたが
来月に19巻、再来月に最終巻となる20巻が発売されることで
バチバチシリーズは正式に終止符を打つことになりそうだ。
| 18:15 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年7月 8(鮫島、最後の十五日)
不慮の最終話
ついにこの日がやってきてしまった。

虎城サンの解説により改めて先代空流親方の虎城キラー
そこからの空流の血というものが語られる。

そして心配もなんのそのと猛虎に流れる虎城の血も描かれる
そりゃそうです、ここで挫折をするようなメンタルなら
現在の猛虎は存在しない。

そんな取組の余韻に浸る間も与えない次なる展開
泡影−天鳳は挟まずにデデーンと十四日目の割が発表
やはりここが作品のクライマックスとなるであろうXデーでした。

……と同時にここから先はもう読むことのできない領域
でも未完の区切りとしてはベストではないか?とも思わせる
これもまた運命のいたずらなんでしょうかねえ。


読者に委ねられた鯉太郎の未来
自分はここ数年お盆休みの頃に今後の展開予想をしていたので
自分なりの結末は想像できている
今年は5月に一足早くやっていたのも今となっては不思議な感じだ。


未掲載分の刊行については追って告知とのこと
現時点で残り16話分なので8話収録にすれば全20巻になる見込み
その日が来ることを願っています。


3年前にまとめはじめた下記の情報更新も今回をもって終了
番付表 http://kokoboku.jugem.jp/?eid=1765
時系列 http://kokoboku.jugem.jp/?eid=1766
バチバチシリーズを振り返る酒の肴にでもなってくれれば
幸いです。


佐藤タカヒロ先生、素晴らしい作品をありがとうございました。
| 00:04 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>