ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
2019年8月 1(佐藤タカヒロ原画展)
8月3日から始まった佐藤タカヒロ原画展(後期)
今回は初日に行ってきました。


後期の「不撓不屈」は師弟愛・家族愛・魂の居場所がテーマ。
一部前期と重複する展示もあったが
空流部屋・虎城部屋におけるターニングポイント的な原画が
メインでしたね。

作品が続いていれば家族愛に新たなページが加わっていたん
だろうな、などとも思ったり。

あと帰りの新幹線で気づいたけど
せっかく撮った写真が何枚かブレていてショックだった泣


続いて前期に続いてグッズを物色。

新規に追加されたブロマイド(空流の面々)を1枚
缶バッジガチャを3回(虎城、空流、丈影)
唯一のツネグッズとなるアクキーに前回諦めた湯呑を購入。

あと前回買った空流Tシャツを着ていったので
川さんのお面うちわも貰いました。


最後にメッセージノートにコメントを残す。
前期は簡単に済ませたけど今回はちゃんと練ってきた
……というのは大袈裟だが縦読み仕様にしてあの追悼号の
メッセージに繋げた。
イラストが描けない自分にとって精一杯の愛の表現なのサ。


これで本当におしまいだと思うとやっぱり寂しい
でも乗り越えていかなきゃいけないのも事実
改めてお別れの場所を用意してくれたことには感謝したい。
| 12:04 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年7月 4(佐藤タカヒロ原画展)
まさか再びこのカテゴリーを活用することになるとはねえ。

というわけで、先日大阪の画廊モモモグラにて開催されている
一周忌追悼 佐藤タカヒロ原画展 へと足を運んだ。


佐藤タカヒロ原画展03
※入り口には囚人リクの作者である瀬口忍氏からのお花も


原画展は前期・後期と分かれており
前期は「粉骨砕身」
主人公である鯉太郎とライバルたちとの出会いと最終決着
をテーマとしている。


佐藤タカヒロ原画展02


鯉太郎の原点から始まり
ライバルとして石川、蒼希狼、天雷、王虎
そこに猛虎が続き、そして泡影へという構成。

原画展ならではの描き込み具合を確認できる
ベタだけど個人的にはやっぱり王虎の箇所が好き。
鮫島〜にて王虎も取組を楽しみにしていたというあのシーン
そこが生で見れて良かった。


一通り見終わって次はグッズの物色。

ブロマイドを3枚
(バチバチ1話のカラー、空流部屋一同、追悼記念号の表紙)
缶バッジガチャを3回
(シークレット枠×2、泡影)

Tシャツは2枚買うつもりだったけどブラックが在庫切れ
だったのでネイビーのみを購入。

ポスターセットと湯呑みを天秤にかけ持ち帰るのに
かさばらないという理由でポスターセットをチョイス。

そして複製原画の予約
複製原画or浴衣の購入特典に最終話のネーム冊子が付くと
知って、バチバチシリーズを愛した身としては
買うしかないでしょう、と。
でも予算の都合上、一番安いやつにしたのはご愛嬌。
※ここでカードではなく現金払いにしたことを
 後悔するのだがそれはまた別のお話


最後に簡単なメッセージをノートに残す
最終的な想いは後期に来るときに取っておくのだ。


佐藤タカヒロ原画展01


じゃあねイワノフ、来月もまた来るよ。


※おまけ
載せてなかった5月に行った瀬口忍展のときの画像

瀬口忍展01


瀬口忍展02
| 10:38 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年9月 6(週刊少年チャンピオン)
今週の週刊少年チャンピオンはご覧になられたでしょうか?
佐藤タカヒロ先生の追悼号でありバチバチ特大号です。
私は日が変わって即、電子版は読みました。


1.表紙
宣伝告知ツイートで先に見てしまったけど
下書きゆえの白さに映える鯉太郎の眼光のインパクトには
ゾクゾクっとしたね。


2.追悼色紙展
連載陣だけにとどまらないメッセージ
ここに水島新司の名がないのが惜しすぎる。
秋からアニメ化されるし火ノ丸相撲は読んでみようかな?


3.バチバチシリーズ全カラー掲載
最初は単行本派だったので初見のカラーも見れるお得感。
鮫島〜に限れば思い出深いのは2016年12号の扉絵カラー
岩の藤が忘れられていてツイッターで
集合写真撮影当日に欠席した的なイラストを上げていたのを
思い出す。


4.鮫島鯉太郎全取組絵巻52p
実際に描かれたのは34取組だったのは意外なようであり
関取になる前が主体と考えればこんなもんかとも思えたり。
バーストは幕下1場所、鮫島は幕内1場所ですもんね。


と、ここで20巻(最終巻)のお知らせ
やはり表紙は今週号の鉛筆画
しかし収録されるのは取組絵巻ではなく追悼色紙
なるほど、データのまとめよりメッセージのほうを残すのか
単行本派にとってはこっちのほうが良いのかもね。


電子版で充分すぎるほど満足し本誌ならではのものは
あるのかな?と思ったら……ありましたよ。
これはツイッターを見ていて良かったと思える代物。
悪天候が続き遅れたけど本日無事に書店で購入。


こういう粋な演出があったとはねえ
読者の代弁をしてくれた編集サイドに感謝


『サ ヨ ナ ラ バ チ バ チ ア リ ガ ト ウ』

| 23:18 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年9月 5(週刊少年チャンピオン)
来週の週チャンは佐藤タカヒロ追悼特別号とのこと。

ラインナップは
1.最後の描き下ろし表紙
2.追悼色紙展
3.バチバチシリーズ 全カラー掲載
4.鮫島鯉太郎全取組絵巻52p


単行本19、20巻と8話ずつの収録になると予想していたが
19巻は通常どおりの9話だったので
最終巻には7話+αで何を載せるのだろう?と思っていたが
ページ数的にどうやら4の内容になりそうですね。
表紙ももしかしたら1の描き下ろしになるかもしれない。


電子版だとたまに載らない部分もあるので
ドカベン最終回号以来の本誌購入も検討しておかないとな。
| 08:38 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2018年9月 2(鮫島、最後の十五日)
鮫島、最後の十五日の19巻が本日発売
日が変わって電子版は即購入
残業が回避できたのでコミック版も無事購入。

電子版では味わえないコミック版の醍醐味
それは『帯』
あえて書きはしないがこの文面は泣かせにかかっている
是非とも生で見てもらいたいものだ。
| 22:55 | 鮫島、最後の十五日 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>