ここからボクの土地

現在は漫画やスポーツを中心としたいろんな感想の書きなぐり場

   06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    
5月 6(ぼくらの勇気 未満都市)
ぼくらの勇気 未満都市が
スペシャルドラマとして復活するらしいですね。

このドラマはめっちゃ好きだった
当時は中学生だったのでこういうSFチックなモノには
ドンピシャでハマる時期でもあったからねえ。

ただおそらく某飲酒問題が原因で地上波再放送もされなくなり
VHSで録画したのは持っていたけど
今はそもそもの再生機器がないからもう見ることもできない。
このタイミングで深夜でいいからワンチャンないかなぁ?
| 17:15 | 番組・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月 2(めちゃイケ)
めちゃイケSPに中居がサプライズ(という体?)で登場。

鳥人間の中身は山本だろ!というあからさまな前フリを
していたから山本ではないのは分かっていたけど
この時期(スマスマ最終回と同じ週に収録だったらしい)に
ブッキングしているとは思わなんだよ。

でも野球ネタ以外でイキイキしている姿を見たのも
久しぶりな気がしたね。あれがTVスターの中居正広よ。

そして「タッタ」の歌詞がSMAPへのエールのようにも思える
なんて感想もちらほら。果たしてこれは偶然なのだろうか?

めちゃイケとゆずとの関わりは
岡村隆史が岡村を訪れる企画の第二弾から始まった。
おそらくこのロケをしていた頃には
すでにSMAPの年内解散は発表されていたハズ。

その後、ゆずのライブに乱入し新EDオファーに至ったわけだが
思い返せばこれはかなり唐突な出来事だったような気がする。
本当に20周年の新EDを依頼するプランがあるのなら
全体的に企画がもっと前倒しになり秋に合わせるのが自然だ。

そうなると新EDというのは建前で真意は別のところにあったと
読めなくもないんですよね。
応援歌的な〜と要望を出しておけばカムフラージュにもなる。

自分で書いていてもさすがに深読みしすぎだとは思うけど
そんなシュレディンガーの舞台裏があってもいいじゃない。
| 23:30 | 番組・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
12月 9(真田丸)
本日真田丸が最終回を迎えました。
この1年間の生き甲斐でした。本当に有難うございました。

録画に頼らずどっぷり視聴したのは同じ三谷脚本であった
新選組!以来なので実に12年ぶりですか。

ただ熱量のほうはやっぱり12年という年月が物語るように
新選組!と比べたら落ちており、逆にいえばそれだけ冷静に
観ることができた1年だったのかな?と思います。

最終回はあえて副題を付けずに視聴者に委ねられましたが
個人的に考えるなら……ちょっと違うかもしれないけど
『各々』というワードを挙げてみる。

極力信繁視点以外の出来事は描かないというのがモットー
だった所為か信繁の死後(これもドラマ上は不鮮明)以降の
人物のその後は特に触れられずに終わっている。
これは視聴者の数だけ考えるストーリーがあることを
示唆しているのかな?などと思ったり。

史実に忠実で最期を迎えて終わるのも正解
俗説で生き延びて話が続くとするのも正解
最終回を指すだけではなくその先を見据えた上での
『各々抜かりなく』ということでね。

新選組!のときは1年後に『土方歳三 最期の一日』という
スピンオフが放送されたけど真田丸はどうですかね?
ネット上では関ヶ原の部分を観たいとか
主演の堺雅人自身は九度山を希望していたりもするけど
今回信之と佐渡守のパートを挟んだことを考えると
構想としてあるとしたら信之なのかな?と思ったりする。
| 21:35 | 番組・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
11月 9(紅白)
もう出場歌手が発表される時期なんですねえ。
昨年はアイドル勢(紅組)がバッサリという印象だったけど
今年はベテラン常連組がバッサリですね。

穿った見方をすれば細川たかしの卒業の意思を尊重
なんてのは内々で落選すると分かっていたから
そういうことにした感もあるし
和田アキ子が比較的大人しいのはこれも内々に落選すると
分かっていて実は裏の笑ってはいけないに出てるのでは?
と思ったりもする。

初出場組ではイエモンとPUFFYが初なのはちょっと意外な感じ
特にPUFFYなんてデビュー当時に出ていそうだもの。
キンキも初だけど昔はジャニーズも出場枠が3つだったし
縁がなかったもんねえ。
別の意味で意外だったのは欅坂
あのナチス制服云々騒動はNHK的にNGだと思っていた。

あとAKBの48G全体で48人しか出れない投票ってのは
企画的にどうなんだ?
投票券がいらない分よからぬ出来事が起こるやもしれんな。
| 23:35 | 番組・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
11月 6(大河ドラマ)
つい先日再来年(2018年)の大河ドラマが
『西郷どん』(主演 鈴木亮平)と発表されたと思ったら
今度は2019年についての発表。

とうとうクドカンが大河ドラマに抜擢されましたか
まあ『あまちゃん』を手がけて遅かれ早かれな感じはあった
三谷幸喜でアレルギーを起こしてる人の反応や如何にですな。
おまけに題材が大河らしくないオリンピックですからね
三谷幸喜でアレルギー(以下略)

順番でいえば女主人公のターン
近現代だし主人公が架空の人物になる可能性は充分あると思う。
主演候補はあまちゃん班が手掛けるとはいえさすがに
のん(能年玲奈)は無理だとして、有力なのは有村架純あたり?
来春の朝ドラヒロインで箔を付けて内定しているような
気がしなくもない。

あと気になるのは阿部サダヲですね
あまちゃんに出れなかったことをボヤいてましたからね笑
ただ来年の直虎のキャスト(家康役)でもある以上
中1年での起用があるかと言われたら微妙なラインかもしれない。
| 01:51 | 番組・映画 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>